Loading...

川端康成集 片腕―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

川端 康成 

読書カード

平均評価 ★★★★★5 2人が本棚に登録

Amazon詳細・レビュー

本サイトはAmazonアソシエイトプログラムを利用しています

ユーザーレビュー

浮遊ちゃんさん

★★★★★5

わたしの中で川端康成といえば、雪国でも伊豆の踊子でも無く、片腕である。超非現実的な設定と耽美が絶妙に混ざり合い粘度の高い幻妖な世界観が形成されている。此れにフェティシズムを見入る人とは絶対に話が合わない。片腕と同じくらい幾度となく読み返したのは抒情歌。死生観や宗教観があちこちに散らばっているけれど、わたしにはそこじゃない。わたしの天使の翼も折れてしまったのだから、いずれ草花になろうと思う。まさに「奇なるかな、火中に蓮華を生じ、愛慾の中に正覚を示す。」

1いいね

こちらもおすすめ

吉屋信子集 生霊―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)
掌の小説 (新潮文庫)
文豪怪談傑作選 芥川龍之介集 妖婆 (ちくま文庫)
三島由紀夫集 雛の宿―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

メールアドレス、ニックネーム、パスワードを入力するだけでご利用いただけます。

bookcaseのコンセプト | 機能紹介 | FAQ(よくある質問)

ご利用規約・プライバシーポリシー

Copyright (C) 2018 本のフィーリングをシェアしよう。本と出会う本棚 bookcase All Rights Reserved.